ご縁は極少数希望。相性が良ければ唯一、専属も検討。

 

[少女について①]

14歳程度で成長が止まっている。身長145cm、体重39kg。華奢な体でFカップ。人を含む生き物の命を生きる糧とするが、嘗て制御が出来ず周囲の人間を絶命させた記憶から今は主に植物の命を喰む。食さなければ飢え理性を欠き、やがて死に至るが継続的に摂取さえしていれば身体の凡ゆる傷や病を再生する。

一人で過ごす事、忘れられる事を極端に恐れ屋敷を訪れるあなたを返すまいと知恵を搾った結果。身体を使う事が男性相手に成功率が高いと学ぶ。理性で諭すも欲のまま貪るも、手ひどく扱い玩具にするもあなた任せに。

 

[住処]

例えば繁華街の路地裏、螺旋階段の踊り場、箪笥の引き出し。貴方にとって身近な場所に入り口は開かれている。馴染みの風景の中突如として現れる深い森に足を踏み入れると、豪奢な洋館であったりお伽話に見る城や教会、或いは古い日本家屋というように人によって見え方の異なる小さな屋敷が佇んでいる。外壁は蔦に覆われ、鉄格子が嵌められた窓辺ではまだ年若い少女が分厚い本の頁を捲り、何時とも知れない客人の来訪を待っている。無機質な鉄格子は冷徹に彼女の自由を束縛するようでいてその実、彼女自身の深くに刻まれた自責の念と戒めを乞う心に屋敷が寄り添ったもので、屋敷は彼女を愛していた。

 

屋敷内への出入りは扉に施錠されていない為容易であるものの、内側に居る彼女が外に出る事は叶わない。また、屋敷周辺の森では四季や天候の移ろいはあるもののそれらは全て屋敷の見せる幻であり、雨や雪が降ろうとも体が雨粒に濡れる事はなく、季節を問わず気温は一定温度で保たれている。

 

[少女について②]

※ 吸生は唇で対象に触れる事で可能だが行うのは問題無く耐えられる相手にのみ。

※ エネルギー過多になると暫く欲が昂まるので与える場合のみ管理が必要。

※ 傷は再生するので半永久的に処女。苦手な方は事前にご相談を。

※ あなたにのみ従順且つ甘えた寂しがりの依存癖。被虐の気もあり無自覚M。

※ 外には出たがらないが好奇心は強く、性欲も旺盛。

 

[少女とのつながりについて]

あなたが少女に興味、もしくは何らかの情や執着を抱いている間のみ交流が可能となる。但し少女があなたを拒絶する、(石積)或いはあなたが少女への興味を失えば(長期不在、部屋蹴等)直ちに道は閉ざされその場には廃屋だけが残されるという。

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitter一般ユーザー(詳細プロフィールあり)
取得時刻: 2021年09月10日 19:56:41