この場所にもっと詳しいプロフィールを掲載する事ができます設定する
本当を言えば、他者と何か掛け替えのないものが「共有」出来れば、それが一番いいのである。併し人においては、これほど厄介なこともなく、誰にあっても、やくたいもない「虫」が目覚めているのだった。虫唾が走る、とか、虫が好く、とかいう、己れを咬む虫が(「銭金について」)
スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitter一般ユーザー(6年目)
取得時刻: 2016年08月01日 16:51:40